MENU

動物性油脂、油脂類の食品を食べると中性脂肪が酸化する根拠があり、わきがの臭いを抑えるボディーソープやデオシークが必要

体を清潔にするためにも毎日お風呂やシャワーを浴びて体をきれいにしている方はかなり多いとされています。

 

特に汗をかきやすい方などは、夏の季節などは制汗剤などを利用して汗の臭いを抑える対策をとっている場合がありますが、通常よりも脇の強い臭いを感じる場合、それはわきがの症状の場合が高くなります。

 

私ってわきが?

わきがの症状とは、通常脇にある汗腺の中に特殊な臭いを発するアポクリン汗腺がある人に起こる体臭の症状で、汗をかいた時などを中心に嫌な臭いが発生するようになり、自分自身や周りにいる人が気付いてしまうほど強い臭いとなってしまいます。

 

何か対策は?

健康上特に問題はありませんが、やはり体臭をどうにかして対策をしたいと、定期的にシャワーや汗ふきシートなどを利用して体を拭くようにしたり、最終的にアポクリン汗腺を除去してしまうわきが手術を受ける方も増えてきています。

 

ただ手術は体への負担も大きいですし、時間に余裕のあるときにしか利用することが出来な恐れがありますので、一番簡単な対策として、朝出かける前にシャワーを浴びて汗を流してから、ロールスティックタイプなど直接脇に塗る制汗剤を利用するようにすると、朝塗ってから夕方まで嫌臭いを抑えてくれる効果を期待することが出来ます。

食生活での対策は?

また臭いの原因となるのは普段の食生活も密接に関わっており、普段から肉類油ものスナック菓子などを日常的にたくさん食べている方などは体に蓄積した中性脂肪が酸化することで、体から発汗された汗の臭いが通常よりも強く感じる可能性が高くなります。

 

肉類には動物性油脂など油脂類が多く含まれており、これが体臭につながる根拠も科学的に証明されているので、殺菌や防臭効果のあるボディーソープを利用したり、デオシークなどのデオドラントクリームには汗をブロックする有効成分パラフェノールスルホン酸亜鉛イソプロピルメチルフェノールが体臭の原因となる雑菌を殺菌してくれるので、一日嫌な体臭をブロックすることが出来ます。